母上に連れられて来た子供たち・・・

2022年(令和4年)も春の季節になりました。そこかしこに桜の花もちらほらと見ることができます。お花見という、ある意味、喧騒が無いことが、さて良いことなのかどうかを感じる昨今、皆様いかがお過ごしのことでしょうか!?

春の時期、ここ空手スクールでも子供を連れた保護者/母上の当空手スクール見学、空手体験希望の方々が多数いらっしゃいます。ここの空手スクールに来場される親子の方々にはいくつかのパターンがあるようです。どうも来られる子供たちは(よく言えば)心が優しすぎる子供たち、引っ込み思案な子供たちを心配した母上が自分のお子さんを連れてこられることが多々あります。現在在籍している子供たちの多くも(空手稽古スタート時点では)同じような子供たちがけっこう多かったものです。ふと、そんな過去のことを思い出しました。

ここ青山カラテスクールでは、そのような引っ込み思案な子供たちも稽古が進むにつれ少しずつ「自分に自信を持ち出す」ようになります。それは素晴らしいことです。そして、気が付いたらたくましく成長した姿を見せてくれるのは非常に喜ばしい出来事です。少し失敗しても、あきらめないこと!・・もう一度やってみること!・・もしかすると学習でも何でも(どのようなことでも)これが上達する極意だと私は思っています。

お話しを戻します。子供を連れた母上たちが、このところよく青山カラテスクールに来場されます。しかしながら、連れてこられた子供たちの数人は「なんでボクはここに来たの??」のような雰囲気を、かもし出している子供も(相当数)いるのも事実です。そのように無理やりここのスクールに連れてこられた子供たちは、仮にスクールに来たとしてもスクール隅に在るベンチにジッと座って固まっています(冷汗・・・

ここ青山カラテスクールは東京で2番目に優しいカラテスクールとも云われています。来場された母上から言われたセリフがあります。「ここの空手スクールは手に手をとってちゃんと教えてくれますか??」と・・・う~ん、ベンチにしがみ付いて、そこから決して離れない子供を、さて私はどのように教えられるのでしょう(冷汗

また「我々の目の前で素敵な空手の型を演じてくれるくれる子供達がいます。それを見て「うちの子には無理だわ!」の声を発する母上もいらっしゃいます。ここの子供たちも、稽古スタート時では横にステップして移動する事すらまったく満足に出来ませんでした。空手稽古も、すべて基本動作の繰り返しです。なにもやりもせず、行動せずにに「まず無理だ!」と初めから決めつける保護者さんの発言は、さていかがのものでしょう。皆さんはどのように思われますか?!

それと子供たちの習い事などは、先ず、多少はその「対象」に少しは興味を持っていることは必要でしょう。その先で、こちらスクールでも、ある種の成功体験を少しずつ持たせる為の工夫もありましょう。このところ、春のスクールでの状況をみていくつか考えさせられていることです。

 

#空手体験#保護者の意識#子供の気持ち#学校内のいじめ#学校内のイジメ

#出会いはドラマ#残された日々を有意義に#空手道着でヨガ#空手を楽しむ#東京都北区#青山#高齢者空手#高齢者カラテ#女性空手#女性カラテ#王子#青山空手#青山カラテ#上中里空手#十条空手#東十条空手#尾久空手#西ヶ原空手#王子神谷空手#滝野川空手#堀船空手#祇園精舎の鐘の声#沙羅双樹の花の色#諸行無常

PAGE TOP
Translate »