審査基準

青山空手には各レベルに応じた級や段などのランキング(階級)があります。
この昇級や昇段をすることは空手を続ける上でのやる気にも繋がりましょう。
是非とも積極的に行動したいものです!(下記の型課題は行う必要がある最低限を記載)

 受審級 受審帯  審査項目 備考 / 型課題(例)
無級

太極1、太極2、太極3
10級

オレンジ

基本、移動、型、体力 平安(ピンアン)1。足技太極その1
9級

朱赤

基本、移動、型、体力、対人 平安(ピンアン)2
8級

水色

基本、移動、型、体力、対人 平安(ピンアン)3
7級 水色(白線入)


基本、移動、型、体力、対人 鉄騎初段
6級

基本、移動、型、体力、対人 平安(ピンアン)4
5級

基本、移動、型、体力、対人 安三(ヤンツー)
4級

-2

基本、移動、型、体力、対人、武器術 平安(ピンアン)5
3級(助教/指定)

基本、移動、型、体力、対人、武器術(この帯で最低1年間シッカリ稽古を行う) 撃砕(大)
2級(助教/指定)

基本、移動、型、組手、体力、武器術(この帯で最低1年間シッカリ稽古を行う) 撃砕(小)
1級(准指導員/指定)

基本、移動、型、組手、体力、武器術(シッカリ稽古を積み、推薦が有って黒帯挑戦が出来る) 慈恩(ジオン)
初段

黒帯

基本、移動、型、組手、体力、武器術(黒帯からが本当の空手修練に移行すると云われている) 征遠鎮(セイエンチン)
2段~ 黒(金線入)


基本、移動、型、組手、体力、武器術

■基準になる稽古時間数(別途規定あり)は充当していることが必要です。
■型課題については、上記記載が「最低基準」です。別途、師範から型の指定することがあります。
■審査当日の内容だけでなく日常の稽古への取り組み姿勢、出場した試合の評価も反映します。
■これらのことから当然ながら「昇級保留」も十分有ります。又、飛び級をする場合もあります。
■上記、審査規定、空手の型の課題については、適宜改訂をする場合があります。

PAGE TOP
Translate »